09月≪ 2007年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.28 (Sun)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)ドリーム☆アゲイン(3話)

ドリーム☆アゲイン(日テレ)土9:00-10:00 07/10/27(3話) HP
出演:反町隆史【小木俊介・プロ野球選手→朝比奈孝也・ファンド会社社長】、加藤あい【二ノ宮颯乙・小木の恋人】、志田未来【藤本雛・朝比奈の娘?】、児玉清【田中・小木を迎えにきた天国省の人】、瀬川瑛子【中田佳代・朝比奈邸の家政婦】、青田典子【牛山百子・朝比奈の部下】、三宅弘城【熊田恒人・朝比奈の部下】、須賀貴匡【菱沼司・颯乙の上司】、渡辺哲【前田健造・小木のトレーナー】、他
脚本:渡邉睦月
演出:中島悟、長沼誠、他
プロデューサー:次屋尚
協力:読売ジャイアンツ
主題歌:コブクロ 「蒼く 優しく」 2007-11-07
サントラ:ドリーム☆アゲイン オリジナル・サウンドトラック 2007-11-28
DVD:ドリーム☆アゲイン DVD-BOX 2008-03-19

3話:「娘の復讐!!全財産が人質!?」

DNA鑑定の結果雛は朝比奈の実の子供でした。
でもうれしくなさそうな雛。
あんな冷たい心の人が実の父親なんて嫌だと。
そんな雛に颯乙は、「だったら雛ちゃんが暖めてあげたら?」と言う。
そもそも雛がめちゃくちゃ態度悪いから駿介も冷たい態度を取っていたんだと思うけど(^^;)
雛は実は朝比奈と仲良くしたいみたい。
颯乙の後押しもあって、朝比奈に鑑定結果を見せ、「これからもよろしくお願いします、お父さん」と言う。
雛的には精一杯の歩みよりが初めてお父さんと呼んだことだった。
しかし、会社のことや野球のことで頭がいっぱいで、駿介は雛を俺には関係ないと冷たく突き放してしまう。

それが原因で、雛は朝比奈のパソコンからパスワードを盗み社長室に立てこもることに。
朝雛から、やっぱりダメでしたという報告の電話を受けた颯乙は、気になって朝比奈の家を訪ねる。
そこで、雛がいなくなってることに気付き、一緒に探すが見つからない。
そこへ会社から駿介に電話が入る。
メインコンピューターにロックがかかっていて、午前中の取引ができない状態だと。
急いで行くと、やっぱり雛の仕業。
雛は朝比奈の子供だから、パソコンに詳しいみたい。
朝比奈に会社の株を全部売ると脅しをかける。
颯乙に、雛が朝比奈と家族になりたがっていたことを聞いたので、「すぐには無理だけど少しずつ家族になっていきたいと思う」と雛に言う。
これで雛とはどうにか上手くいきそう(*^^*)
これが中身も本物の朝比奈だったら、こんなこと言ったかな???
やっぱりお金で解決したんじゃないかな(^^;)
そして、父親参観を見に行った。
会社の部下はイメージが悪くなると雛の存在を隠そうとしてたけど、駿介は何も考えてないから普通にどうどうと見に行っちゃいました(笑)
会社の経営のこと雛に任せたらどうかなぁ・・・・。
駿介だけだったら、絶対無理のような気がする(^^;)
誰か教えてくれる助っ人が欲しいなぁ。

前回の最後に颯乙に指輪を見られたけど、駿介の婚約指輪だということばれてなかった。
でも今回雛に“StoS”と彫ってあったことを教えてもらったのでばれちゃいました。

健造さんはやっぱりお金が目当てでコーチ料として3000万円を要求してきました。
駿介は健造さんも颯乙も本当の自分を分かってくれないと落ち込む。

3話と次回の予告を見て満足度が「5」にUP!

満足度:5/5
スポンサーサイト
16:21  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)ドリーム☆アゲイン(1話、2話)

ドリーム☆アゲイン(日テレ)土9:00-10:00 07/10/13(1話)07/10/20(2話) HP
出演:反町隆史【小木俊介・プロ野球選手→朝比奈孝也・ファンド会社社長】、加藤あい【二ノ宮颯乙・小木の恋人】、志田未来【藤本雛・朝比奈の娘?】、児玉清【田中・小木を迎えにきた天国省の人】、瀬川瑛子【中田佳代・朝比奈邸の家政婦】、青田典子【牛山百子・朝比奈の部下】、三宅弘城【熊田恒人・朝比奈の部下】、須賀貴匡【菱沼司・颯乙の上司】、渡辺哲【前田健造・小木のトレーナー】、他
脚本:渡邉睦月
演出:中島悟、長沼誠、他
プロデューサー:次屋尚
協力:読売ジャイアンツ
主題歌:コブクロ 「蒼く 優しく」 2007-11-07
サントラ:ドリーム☆アゲイン オリジナル・サウンドトラック 2007-11-28
DVD:ドリーム☆アゲイン DVD-BOX 2008-03-19

1話:「神様がくれたチャンス!?夢のために生き返る男」

小木俊介は、プロ野球ジャイアンツでホームラン男として、子供に大人気の選手だったが、肩の故障でジャイアンツを解雇されたのを機に引退。
1年間サラリーマンとして企業に務めるが、再びプロ野球選手に復帰することを決意する。
プロ野球を引退し恋人の颯乙と婚約していた小木は、プロ野球選手に復帰するために結婚を白紙にしたいと颯乙に伝えるが、颯乙に勝手に決めないでと喧嘩別れになってしまう。
その帰り道小木は雷に打たれて死亡。
天国から来た案内人の田中に自分が死んだと聞かされショックの小木。
しかし、天国へ行ってみると、本当に死ぬはずだったのは“コギシュンスケ”であなたは命が助かるはずだったと言われる。

なんと、死ぬはずではなかったのに、天国省がオギとコギの名前を間違えたため、死ぬことになったと言うのだ!!
え~~~~~~~~~!!!!
某年金問題の入力ミスみたいじゃないですかっ。さすがお役所仕事。

それでは尚更納得できない小木は田中にどうにか戻してくれ、夢をあきらめたくないんだと。
それはそうですよ!!!間違えで死なせられたら納得できませんよ。

しかも現世ではその間一ヶ月も経っていて、体は火葬されてしまってるとのこと。
近々死ぬ予定の人のリストがあるから、好きな人の体に入って生きていいよと言われる。

え~~~~~~~~~、そんなの嫌でしょう・・・・(ーー;)

田中と車でリストの人を見に行くが、なかなか決まらない。
それはそうですよね・・・。
そして、ファンド会社社長・朝比奈孝也を見に行った時、田中が「あ、もう時間がありません。今すぐ決めないとあなたの魂が消えてしまいます。」と。
おいおい、なんていいかげんな。
だんだん消えかける小木は、仕方なく朝比奈に決定する。
そして、その後すぐ朝比奈は心臓発作で死亡、直後に小木が朝比奈の体に入り、生き返る。

小木は反町隆史だけど、朝比奈は別の人が演じていました。
乗り移った後、どうなるのかと思ったけど、他の人には通常通り朝比奈に見えるが、小木にだけは元の反町隆史の格好に見えるんだそうです。
つまり見てる視聴者には反町隆史だけど、実際は朝比奈(^^;)
訳が分からなくなります(笑)

小木のお墓には1ヶ月以上経った今でもファンのお花やお供え物でいっぱいだった。
颯乙は毎日小木のお墓に来ている。
お墓の前で、「プロ野球選手に復帰したいと言われた時、本当は応援したかった。でもあきらめさせるのも愛情だと思った。野球をしてる駿ちゃんが大好きだった。」と泣きながらお墓に語りかける颯乙にどうにか力になりたい小木は、朝比奈の名刺と困ったことがあったら朝比奈に頼って欲しいという手紙をお墓に置いておく。颯乙はその手紙を読むが・・・。

朝比奈は冷酷非道で色んな会社を買収してきた男で、颯乙は買収された企業の弁護士で朝比奈を思いっきり嫌っていた。
しかも女性遊びも激しかったようで、小木が朝比奈になってすぐ朝比奈の娘だという子が家におしかけてくる。
部下からは、分からない株の決断を迫られる。
全く鍛えられてない朝比奈の体でプロ野球選手になるのは遠そうだし、小木さんがかわいそうだよ・・・・・・(^^;)


2話:「恋人よ!俺はここにいる!!」

誰かに自分は小木俊介だと言ったら、成仏してしまうという制約があって、颯乙に名乗ることができない。
なのに、朝比奈は颯乙に嫌われていた・・・・!
言いたいのに言えない、力になりたいのにできない。
ううう、せつないねぇ(:_;)

墓地で倒れた颯乙を病院に連れて行く。
しかし名を名乗らず颯乙の上司菱沼に連絡すると去る。
菱沼はどうやら颯乙のことが好きみたいですね。
朝比奈の姿の小木とくっつくのか、それとも菱沼とくっつくのかな・・・???

ジャイアンツで1軍で活躍できたのはトレーナーの健造さんのおかげだった。
またプロになるには健造さんしかいないと頼みに行くが、なんでファンド会社社長がプロ野球選手になりたいと言うのか理解できないず冷たく断る。
それはそうですね(^^;)
しかも一般人の朝比奈が何度も中まで入れるのかちょっと不思議。
ある日、あんなに冷たかった健造が朝比奈の会社にわざわざ訪ねてきて3球だけスイングを見てやると言う。
喜ぶ小木は挑戦するも3球とも空振りし、もうまとわり付きませんと言う小木に健造は考えさせてくれ、と。
でも、小木は知らないが、健造が電話で誰かに金ができそうだと話していたから裏に何かありそう・・・。

雛は颯乙に朝比奈を訴えたいと相談する。
その話を聞いてますます朝比奈を嫌いになる。
雛に連れられて健造のテストを受ける朝比奈を見に行くが、スイングをする朝比奈の姿が駿介と重なることに気がつく。
それが気になった颯乙は朝比奈に問いただしに行くが、朝比奈は小木と颯乙の婚約指輪をネックレスにして首にさげていたんだけど、上着を脱いでいたので指輪を颯乙に見られちゃった!
“なんでプロ野球選手になろうとしているのか?”“なんで指輪を持ってるのか?”
自分で正体を言うのはNGだけど、勝手に気付かれるのはOKなのかな??
今のところめちゃくちゃ嫌われてるので、ちょっとは朝比奈さんにやさしくしてあげてと思います・・・・。


あまり期待してなかったけど、色々不思議な点も多いけど、話も音楽も結構いいです!
私の中では今期で上位に入ります(^▽^)/

満足度:4/5
14:31  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)歌姫(1話、2話)

歌姫(TBS)金10:00-11:00 07/10/12(1話)07/10/19(2話) HP
脚本家サタケミキオ氏率いる東京セレソンデラックスの舞台『歌姫』のドラマ化
出演:長瀬智也【四万十太郎/小泉旭(二役)】、相武紗季【岸田鈴】、佐藤隆太【クロワッサンの松】、大倉忠義(関ジャニ∞)【神宮司くん(後のジェームス)】、大河内奈々子【小日向泉】、飯島ぼぼぼ【ゲルマン】、遠山景織子【メリー】、秋山竜次【芥川】、西村清孝【小日向晋吉】、越村友一【愚連隊A】、澤田誠志【愚連隊B】、比佐一成【タバコ屋のチン毛さん】、明樂哲典【漁師のパンティくん】、小野了【松中】、古谷一行 (特別出演)【山之内の親分】、ジュディ オング (特別出演)【(芸名)清川さくら(本名小泉さくら】、斉藤由貴【鯖子】、高田純次【岸田勝男】、風吹ジュン【岸田浜子】
脚本:サタケミキオ
演出:坪井敏雄、金子文紀
プロデューサー:磯山晶
主題歌
青春(SEISYuN) 初回限定DVD付きA
「青春(SEISYuN)」
TOKIO
2007/11/21
挿入歌
Change the World
「Change the World」
Eric Clapton
1999/01/19

1話:「記憶を持たない昭和のスーパーヒーロー登場」

2007年秋
小泉旭 (長瀬智也)=昭和の歌姫と言われた大歌手の小泉さくらの息子、東京在住。
旭はずっとさくらの付き人をしていたが、さくらは引退を決めたので、旭は無職になる。この年でそんなことを言われても困るという旭にさくらは、自分の代わりに土佐清水にある映画館オリオン座の閉館前の最後の上映「歌姫」をみに行くように言い、旭の祖父の形見の懐中時計を渡す。
「歌姫」はオリオン座の主人佳一郎の母親の遺言で上映することになったらしい。

「歌姫」が始まると・・・・・・話は昭和30年代へ。
土佐清水の映画館オリオン座で四万十太郎が映写技師をしていた。
10年前海岸で倒れていた兵士の格好をした太郎を鈴が発見し、それ以来オリオン座の主人勝夫、浜子、鈴の家族にの家に居候している。
山之内一家が土佐清水を狙っていて、山之内親分の部下クロワッサンの松がのど自慢大会を開いた。
のど自慢退会は八百長でプロデビュー真近の演歌歌手芥川が優勝すると決まっていた。
こののど自慢大会でどうやって土佐清水を仕切ろうとしてるのか疑問???
もうすぐ誕生日の太郎のためにのど自慢大会の優勝商品オート二輪を手に入れようと鈴はエントリーする。
人前で緊張して歌えない鈴のために太郎はサングラスをあげる。
それで歌えるはずだったが、芥川にサングラスを隠され、結局歌えず。
怒った太郎が芥川に歌で勝負しろと持ちかける。


2話:「熱い男の魂の唄!甦る一片の記憶」

歌はどうするのかヒヤヒヤしてたけど、秋山竜次、結構歌上手でした(^^;)(本人が歌ってたんですよね?私は歌ってるように見えたけど友人に吹替えだと言われて自信なくなりました。)歌った曲は西田佐知子さんの「アカシヤの雨がやむとき」(S35=1960)。
鯖子さんは、自作の短歌を読みました(笑)さしが鯖子さんです。
そして、長瀬君。長瀬君の歌はそれなりに味がありますが、上手かどうかと言われると(^^;)歌った曲はエルビス・プレスリーさんの「監獄ロック」(S32=1957)。ノリでどうにかなった感じ(^^;)ドラマの中では芥川よりも上手だったという評価でした。
記憶喪失なのに突然ギターを弾きながら歌った太郎。
昔歌手だったのかな???

(太郎が拾われたのが10年前。その頃の記憶が蘇ったとしたら、その頃まだ発売されてなかった「監獄ロック」知ってるはずないんだって。それを知ってる太郎は何者?!っていう疑惑が!)

八百長で買ったけどみんなの評価が太郎より低かった芥川に、クロワッサンの松は、プロデビューしたかったら太郎を殺せと命じる。
芥川が圧倒的勝利だったら土佐清水が手に入ったのかな??これがよく分からないんですよね・・・。
のど自慢大会から1ヶ月何事もなく過ぎる。芥川はどこへ?
鈴の姉の泉が夫の晋吉と出産のために東京から帰省する。
この夫の晋吉、ちょっと変わってて鈴一家は引きまくり(^^;)
美人のお姉ちゃんがなんでこんな人と?!って感じ。
そして太郎の寝巻きを着ていた晋吉が太郎と間違われて刺される。大げさに痛がってたけどかすり傷。
やっと数日後、メリーの店に勝男と向かってる途中太郎が芥川にナイフで襲われる。
芥川は1ヶ月も太郎の周辺で太郎を襲おうとウロウロしてたみたいですね(笑)
山之内一家では1ヶ月も音沙汰ない芥川にやきもきしてました。
ここで、太郎にそんなことでプロデビューしても親は喜ばないぞ、ここで死んだと思ってやり直せと言われ、芥川は改心したっぽい。
この後芥川が山之内一家から逃げたため、ゲルマンが拉致される。
次週はついにクロワッサンの松と太郎の対決かな?
ちなみにクロワッサンの松の名前の由来は、フランスかぶれだからだそうです。クロワッサンを知らない太郎達は、晋吉の情報“フランスのパンでウ○コの形をしている”という話に食いついてました(笑)


題名とCMで流れる予告の映像だけだとどんな話なのか想像できなかったけど、ドラマが始まってやっと分かりました。
話のメインは昔の話が中心になるんですね。
太郎は何者なのかという謎解きの部分もあるし、旭の母親とオリオン座の関係とか徐々に分かって行くのかな。
題名が歌姫ですが、鈴が歌姫って感じでもなかったし、誰のことなんだろ。
色々と謎が多い話ですが、こういうのってちょっとワクワクするので楽しみです☆
舞台が原作と知って、出演者達の話し方とか動きとか間とかがなんだか舞台っぽいなと(^^;)そこがちょっと気になったかも。
鈴は昔から太郎が好きみたいだけど、太郎はどう思ってるのかちょっと謎。
好きなのか妹としてみてるだけなのか。

満足度:3.5/5
12:10  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.22 (Mon)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)有閑倶楽部(1話)

有閑倶楽部(日テレ)火10:00-11:00 07/10/16(1話) HP
出演:赤西仁【松竹梅魅録】、横山裕【菊正宗清四郎】、田口淳之介【美童グランマニエ】、香椎由宇【白鹿野梨子】、鈴木えみ【黄桜可憐】、美波【剣菱悠理】、かとうかず子【剣菱百合子】、長谷川初範【蔵田校長】、半海一晃【村上教頭】、白川由美【エール理事長】、片岡鶴太郎【剣菱万作】、加賀丈史【松竹梅時宗】、他
原作:一条ゆかり「有閑倶楽部」(集英社文庫)
脚本:江頭美智留、他
演出:大谷太郎、他
プロデュース:荻野哲弘
原作
有閑倶楽部 (1) (りぼんマスコットコミックス)
「有閑倶楽部(1)」
(りぼんマスコットコミックス)
一条ゆかり
1982/12
主題歌
Keep the faith(初回限定盤)(DVD付)
「Keep the faith」
KAT-TUN
2007/11/21
サントラ
日本テレビ系 火曜ドラマ 有閑倶楽部 オリジナル・サウンドトラック
「有閑倶楽部
オリジナル
サウンドトラック」
2007/11/28

1話:「いよいよ参上!ダンス(秘)大作戦」

聖プレジデント学園はセレブの子息や令嬢が集まる名門校。
生徒会で有閑倶楽部のメンバー6人は、いずれも美男美女で、家族が大金持ち。

警視総監の一人息子で生徒会副会長・ 松竹梅魅録(赤西仁)
大病院の跡取りで頭脳明晰な生徒会長・菊正宗清四郎(横山裕)
スウェーデン大使子息でプレイボーイのクウォーター・美童グランマニエ(田口淳之介)
父親が日本画の大家で母親が茶道家元の大和撫子・白鹿野梨子(香椎由宇)
宝石商の一人娘で玉の輿を夢見る美人娘・黄桜可憐(鈴木えみ)
男顔負けの運動神経と食欲を持つ大財閥会長の令嬢・剣菱悠理(美波)

原作では主役の悠理の扱いが悪い気が(ーー;)
メンバー紹介でも最後だし、6人が並ぶと端っこだし。
原作通り悠理を主役にして欲しかった。

1話を一言で言うとなんだか微妙だったんです。
小さくまとまりすぎていたというか、セレブ感がないというか。

赤西君以外は、みんながんばっていました。
横山君は、いつもの明るいキャラを抑えて物静かに話そうと努力してたし。
ちゃんと黒髪にしてたし。某ファンの友人によると暗すぎるらしいけど(^^;)
田口君も金髪にしたし、キャラはいつもと変わらないけどそれなりにがんばってる気もするし。某ファンの友人的にはろん毛でないのがダメらしいけど。
女性陣は、キャストの段階から結構合ってる気がしてたし、外見やキャラも原作に合わせようとみんながんばってると思う。悠理も結構良かった。
全てを台無しにしてるのが赤西君・・・・・・( ̄□ ̄;)!!
そもそも、髪型が違うじゃん・・・・。
しかも、硬派なはずが、完全にチャラ男。
演技もやる気なさそうにしか見えないし。
話し方やしぐさはキムタクっぽいし。

全国の私立高校約50校が参加して行われる社交ダンスの全国大会の神無祭が行われる。聖プレジデント学園の参加予定者が襲われて怪我をした。他にも優勝候補者達が襲われたり棄権したり。
男山(コリーv)と散歩中魅録は、男二人組に襲われている女子高生の早希を助ける。彼女も神無祭の参加者だった。魅録が男達と戦っている間、早希の連れていたシェリーちゃんを守る男山。超かわいーーーーーー(^▽^)/
競技中も男山とシェリーちゃんは会場に見に来てて、シェリーちゃんが誘拐されちゃって、男山が足を怪我したっぽい。その演技もお見事!!
もうね、男山が主役だと思いながら一時間見た感じです(笑)

原作では硬派な魅録がドラマでは一話からいきなり早希を好きになったらしい。襲った男達の跡をつけると高清水建設にたどり着いた。資金繰りに困った高清水建設社長らが神無祭の賭博を開き裏で結果を捜査するために参加者を襲っていたことを突き止める。利用し親の会社が倒産して今度の神無祭が最後になるという早希ちゃんを守りつつ、怪我したダンス部員の代わりに美童と可憐が神無祭に出場。このダンスがまた微妙で・・・・(^^;)
あと、魅録のお父さんの警視総監がなぜか潜入捜査を・・・。しかもおまぬけ!!あれはまぬけすぎるんじゃ・・・・・・(ーー;)原作でもああでしたっけ???

そんなこんなでこれも文句言いながら見ようかと(^^;)
悪くはないんですけどね、飛びぬけておもしろくもないというか。

満足度:2/5
18:12  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.22 (Mon)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)ガリレオ(1話)

ガリレオ(フジ)月9:00-10:00 07/10/15(1話) HP
出演:福山雅治【湯川学・理工学部准教授】、柴咲コウ【内海薫・刑事】、北村一輝【草薙俊平・刑事】、品川祐【弓削志郎・刑事】、真矢みき【城ノ内桜子・監察医】、渡辺いっけい【栗林宏美・湯川の助手】、林剛史【村瀬健介・学生】、福井博章【小淵沢隆史・学生】、伊藤隆大【森英太・学生】、高山都【渡辺美雪・学生】、葵【谷口紗江子・学生】、他
原作:東野圭吾『探偵ガリレオ』『予知夢』(文藝春秋刊)
脚本:福田靖(TV『HERO』『救命病棟24時』他、映画『LIMIT OF LOVE 海猿』『HERO』)
演出:西谷弘(TV『美女か野獣』『白い巨塔』『ラストクリスマス』『エンジン』他、映画『県庁の星』)、成田岳(TV『プロポーズ大作戦』『サプリ』『西遊記』『スローダンス』他)、西坂瑞城(TV『初仕事納め』『わたしたちの教科書』他)
音楽:福山雅治、菅野祐悟
プロデュース:鈴木 吉弘(TV『人間の証明』『電車男』『西遊記』『わたしたちの教科書』他、映画『西遊記』)、牧野正(TV『スタアの恋』『プライド』『エンジン』他、映画『HERO』)、菊地裕幸(TV『HERO 2006』『西遊記』『わたしたちの教科書』他、映画『西遊記』)
主題歌:KOH+ 「KISSして」 2007-11-21
サントラ:ガリレオ オリジナル・サウンドトラック 2007-11-21
DVD:ガリレオ DVD-BOX 2008-06-13
~関連~
ガリレオφ
容疑者Xの献身(映画)
原作
探偵ガリレオ (文春文庫)
「探偵ガリレオ」
(文春文庫)
東野圭吾
2002/02
原作
予知夢 (文春文庫)
「予知夢」
(文春文庫)
東野圭吾
2003/08

今のところ私的には今期2位です(^^)
1話「燃える」

湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ている男だが、仲間内で変人ガリレオと呼ばれてる変わり者だった。

湯川は、刑事の草薙俊平(北村一輝)とは大学時代の同級生で難事件の解決に密かに協力していた。
草薙はその功績を認められ本庁へ栄転。
交通課時代、自らおとりになって痴漢を65人捕まえた後輩の新人刑事内海薫(柴咲コウ)に湯川を紹介する。

今回の事件は、閑静な住宅街でいつもたむろして騒いでいた若者グループのひとりが突然頭が発火して死亡した。
現象には必ず理由があると考える湯川が興味を持ち協力してくれることに。

事件現場近くで女の子が事件の日と七夕の日に空で赤い糸を見たという証言から近くに焦げ跡がたくさん見つかったことから、時田製作所から炭酸ガスレーザーを発射し、鏡の反射を利用してターゲットに当てた、という仮説を立て実験を行う。
実験の結果、成功したのは43回目!
犯人は少なくても七夕の夜から事件の日まで、42回の殺人未遂を犯しているということも実証された。


実験で人間の本性まで分かってしまった湯川はやっぱりすごいですね。
ああいうずれた真面目なキャラって結構好きかも。
『天才柳沢教授の生活』の松本幸四郎演じる柳沢教授もそんな感じで、言ってることは論理的で正しいから、周りの人がいかに感情論で意見を言ってるかが余計に分かっておもしろい。
湯川の薫に送ったメール「`ヘ´@@@@@@@@-_-」がおもしろかった。
左端が怒ってる薫で右端がなんで怒ってるか分からなくて困惑してる湯川で間が薫と湯川の間にある誤解なんだって(笑)
湯川先生すごいよ(笑)
この湯川先生、織田さんにやって欲しかったなぁ~~~~~。
そうなったら今ほど人気でないと思うけどさ(^^;)
ちなみに原作では湯川と草薙がコンビで事件を解決する話で薫も弓削も出て来ないらしい。月9だからやっぱり恋愛を絡めたかったんだろーね・・・。

満足度:5/5
08:43  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。