09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.21 (Thu)  【2008年ドラマ】

(連ドラ)フルスイング(5話)

フルスイング(全6回)(NHK)土9:00-10:00 08/1/19スタート HP
出演:高橋克実【高林導宏】、伊藤蘭【高林路子】、吹石一恵【時任あや】、萩原聖人【阿部一球】、塚本晋也【太田三郎】、里見浩太朗【天童誠一郎】、本田博太郎、小林克也、斉藤工、久野雅弘、徳永えり、他
原案:門田隆将『甲子園への遺言~高畠導宏の生涯』(講談社刊)
脚本:森下直、関えり香、さわだみきお
音楽:おかもとだいすけ
主題歌:夏川りみ「あの花のように」
甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
門田隆将
発売日:2005-06-29
あの花のように
夏川りみ
発売日:2008-01-23
Amazy

■フルスイング
◇5話「先生のセンセイ」08/2/16
満足度:5/5

前回、太田先生いじめの中心人物だった佐伯が学校の廊下で後輩に暴力をふるいます。
そこへ天童先生が駆けつけ取り押さえました。

天童先生の意見は、「反省の色が見えるまで無期停学処分」。
高林先生や、時任先生はそれでは重過ぎる、大学推薦がなくなってしまうと反対しましたが、校長の決定は天童先生の意見が採用され無期停学でした。

佐伯はサッカーで京南大学に推薦が決まっていました。
そのせいかだんだん格好も派手になり、油断しきった様子でした。
学校側も推薦がなくなるのは体裁が悪くなるから自分は処分されないだろうと佐伯は思っていたのではないだろうか。
でも推薦というのは学校の代表選手のようなもので、そのような問題のある生徒を学校の代表にする訳にはいかない、というのが天童先生の考えでした。
・・・・・なんとなく納得。
私も処分が重過ぎると思うけど、そう言われるとそうかもしれない気になった。

当然佐伯は処分に不満。
自分の将来を天童先生につぶされたと、かなりの怒りが。
天童先生はあまり人気がなさそうだしねぇー、生徒の気持ちが分からない先生だって思われてるだろうし、その分反感も買いやすいんだろーーな。

高林先生は、自宅謹慎になった佐伯の家を訪ねるが会ってくれない。
ただ自宅に閉じ込めるだけでは反省しないし、将来に絶望している佐伯になんとか道は無限にあることを伝えたい高林先生。
偶然外にいる佐伯を見つけた高林先生は、何か悩みがあるなら話してくれと言います。
佐伯の両親が離婚でもめていたのだそうです。
そんな時後輩が先輩は推薦が決まって気楽でいいですねと言ったのが気に入らなかったらしい。
離婚かぁ・・・・・。
前回からなんか危険な感じがしてたけど、そういう理由があったのですね。
親が離婚して大学の推薦がなくなってなんで自分ばっかり、と絶望する佐伯に高林先生は、可能性はいっぱいある、将来は自分で決めるものだしっかりしろって言うのね。
それで明日は学校に来い、と。
次の日学校に来た佐伯に高林先生は先生方のお仕事を手伝うように言います。
なんで俺がという佐伯に高林先生は、自分が佐伯のそばにいたいから、顔を見たいからだって言うのね。
そんな理由に不納得ながらも言いつけを守り頼まれ事をする佐伯。
でもやっぱり天童先生のことはまだ許せていないんだけど・・・・・。
その日が終わる頃、下駄箱に手紙を見つけます。
京南大学サッカー部のコーチからの手紙でした。
手紙には「一緒にサッカーができるのを楽しみにしている。大学に来てくれるのを待っているよ」と書いてありました!!
めちゃくちゃ喜んだ佐伯は京南大学を受験することを決めます。
その手紙は実は天童先生が大学を訪ねて書いてもらったものでした。
それを聞いて天童先生にお礼を言えた佐伯。
その後クラスのみんなと仲良く勉強している佐伯の姿が☆

過去がなんだか謎な天童先生。
昔からあんな感じだったのか・・・・・??
今回手紙を書いてもらいに行ったのは、高林先生の影響だって言ってから、やっぱり普段はそういうことはしないタイプの先生みたいですよね。
そして高林先生の影響で第2の人生として保育園の園長になることを決めた天童先生。
新しいことにチャレンジしている高林先生に感化されたんですね(^^)
ただ、みんながやさしいだけではダメで天童先生のように厳しい決断ができる先生も必要だって言う校長の考えも分かるから、いなくなってしまうのは学校としては痛手だよねぇ~~。
天童先生は後のことは高林先生に頼むって言ってたけど・・・・・。

ちょびっと納得できなかった部分。
佐伯の処分の後、天童先生が高林先生に、「なんでこういう事件が起きる前に佐伯の悩みに気付かなかったのか」ってせめてるシーンがあったんだけど、私はそれは担任の時任先生に言うべきではないかと思うんですが・・・・。
高林先生は先生になったばかりだし、そもそも副担任だし。
年が近いからついつい言いたくなるのかな。
でもなーーー、やっぱり担任は時任先生だし、彼女にもきちんと言うべきことは言うべきだと思うんだけど。

次回はついに最終回!!
病気のことと、自分の子供も悩んでいる様子だし、やっぱり波乱がありそうな最終回です。
20:37  |  2008年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/101-38d5fc2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。