10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.28 (Sun)  【単発ドラマ】

(単)ディロン~運命の犬ふたたび

◇2008/9/15 満足度:5/5

2006年5月に放送されたドラマの続編です。
今回でほんとに最後の最終回かも・・・・・。

2005年、ディロンは13歳になって、セラピー犬を卒業していました。
アリスは8歳です。

ある日散歩中に、公園で詩の朗読会をしている、老紳士・篠原さんに出会う。
ディロンが自分で公園に向かって行ったんですよねぇ。
きっと、ディロンは篠原さんが寂しい人だって分かったんでしょうね。

篠原さんは、自分で書いた詩を冊子にして配り、公園で朗読会をしていました。
職業は元小学校の教師で、家では奥さんと息子夫婦に囲まれて、幸せに暮らしていると言っていました。
でも、実は詩の作者は他の人で、仕事も教師ではなく商社の営業マンでした。
一生懸命仕事に打ち込み過ぎて、奥さんの死に目に合えず、お葬式では息子は口を聞いてくれなかったそうです。
退職してから誰とも話さない日々が続いて、小学校の頃の先生を思い出してその先生のように振舞うことにしたそうです。
でも、自分を偽っていると、やっぱり辛いよね。
ディロンはそんな篠原さんに気付いたんだろーーな。

美佐江さんも、会ってすぐに嘘に気付きました。
美佐江さんは元小学校教師だったし、麻利さん夫婦と同居することになった時、同じ嘘を付いていたことがありましたからね。
でも、今では麻利さんともすっかり仲良しになっていましたね。

篠原さんが麻利さんの家に来た時、耕平さんが篠原さんの嘘を指摘してしまい、それから公園に来なくなってしまいました。
心配した麻利さんが篠原さんの家に行き、ディロンと一晩一緒にいて下さいと、篠原さんの家に置いて帰ってしまいました!!
思い切ったことしたよねぇ!w(゜ー゜;)w
ディロンと二人っきりになった篠原さんは、自分の事を少しずつ話し、少しだけ気分が晴れたのでした。

それから少しして、篠原さんは麻利さんと動物保護センターに行きます。
麻利さんは、ボランティアで捨て犬の家族探しをしています。
そこで、老犬のおばあさん犬サリーと出会って、家族になることにしました。
サリーは推定14歳。もう長くないと聞かされたが、私はこの子がいいんです、と言って・・・・・。
短い間だったけど、サリーと一緒に過ごせて、奥さんの時に出来なかった最後を看取ることができました。
今は、自宅を開放して詩の教室を開いています。
ディロンとの出会いで、幸せな人生に変わったんですよね。

2006年14歳になったディロンは、目も見えなくなり、耳も聞こえなくなって、歩くのもままならなくなっていました。
最後の老人ホーム訪問。この辺りで、号泣してしまいました。
我が家にも、もうすぐ9歳になるワンコがいるので、動物ものには弱いんですよね(-。-;)
色々思って、号泣でしたよ・・・・・・(^^;)

ディロンは実話で、このドラマのモデルとなったディロンは、2007年7月14日早朝、15歳で旅立ちました。


◆出演:樋口可南子【里中麻利】、大杉漣【里中耕平】、池内淳子【里中美佐江】、関口知宏【森山裕二】、平田満【浅倉孝夫】、宇津井健【篠原】、他
人の心がわかる犬―セラピー犬ディロン
幻冬舎
発売日:2004-07
ディロン 運命の犬
NHKエンタープライズ
発売日:2006-11-24
ディロン ~クリスマスの約束
NHKエンタープライズ
発売日:2007-04-27
Amazy
11:43  |  単発ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/276-babd69fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。