08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)歌姫(1話、2話)

歌姫(TBS)金10:00-11:00 07/10/12(1話)07/10/19(2話) HP
脚本家サタケミキオ氏率いる東京セレソンデラックスの舞台『歌姫』のドラマ化
出演:長瀬智也【四万十太郎/小泉旭(二役)】、相武紗季【岸田鈴】、佐藤隆太【クロワッサンの松】、大倉忠義(関ジャニ∞)【神宮司くん(後のジェームス)】、大河内奈々子【小日向泉】、飯島ぼぼぼ【ゲルマン】、遠山景織子【メリー】、秋山竜次【芥川】、西村清孝【小日向晋吉】、越村友一【愚連隊A】、澤田誠志【愚連隊B】、比佐一成【タバコ屋のチン毛さん】、明樂哲典【漁師のパンティくん】、小野了【松中】、古谷一行 (特別出演)【山之内の親分】、ジュディ オング (特別出演)【(芸名)清川さくら(本名小泉さくら】、斉藤由貴【鯖子】、高田純次【岸田勝男】、風吹ジュン【岸田浜子】
脚本:サタケミキオ
演出:坪井敏雄、金子文紀
プロデューサー:磯山晶
主題歌
青春(SEISYuN) 初回限定DVD付きA
「青春(SEISYuN)」
TOKIO
2007/11/21
挿入歌
Change the World
「Change the World」
Eric Clapton
1999/01/19

1話:「記憶を持たない昭和のスーパーヒーロー登場」

2007年秋
小泉旭 (長瀬智也)=昭和の歌姫と言われた大歌手の小泉さくらの息子、東京在住。
旭はずっとさくらの付き人をしていたが、さくらは引退を決めたので、旭は無職になる。この年でそんなことを言われても困るという旭にさくらは、自分の代わりに土佐清水にある映画館オリオン座の閉館前の最後の上映「歌姫」をみに行くように言い、旭の祖父の形見の懐中時計を渡す。
「歌姫」はオリオン座の主人佳一郎の母親の遺言で上映することになったらしい。

「歌姫」が始まると・・・・・・話は昭和30年代へ。
土佐清水の映画館オリオン座で四万十太郎が映写技師をしていた。
10年前海岸で倒れていた兵士の格好をした太郎を鈴が発見し、それ以来オリオン座の主人勝夫、浜子、鈴の家族にの家に居候している。
山之内一家が土佐清水を狙っていて、山之内親分の部下クロワッサンの松がのど自慢大会を開いた。
のど自慢退会は八百長でプロデビュー真近の演歌歌手芥川が優勝すると決まっていた。
こののど自慢大会でどうやって土佐清水を仕切ろうとしてるのか疑問???
もうすぐ誕生日の太郎のためにのど自慢大会の優勝商品オート二輪を手に入れようと鈴はエントリーする。
人前で緊張して歌えない鈴のために太郎はサングラスをあげる。
それで歌えるはずだったが、芥川にサングラスを隠され、結局歌えず。
怒った太郎が芥川に歌で勝負しろと持ちかける。


2話:「熱い男の魂の唄!甦る一片の記憶」

歌はどうするのかヒヤヒヤしてたけど、秋山竜次、結構歌上手でした(^^;)(本人が歌ってたんですよね?私は歌ってるように見えたけど友人に吹替えだと言われて自信なくなりました。)歌った曲は西田佐知子さんの「アカシヤの雨がやむとき」(S35=1960)。
鯖子さんは、自作の短歌を読みました(笑)さしが鯖子さんです。
そして、長瀬君。長瀬君の歌はそれなりに味がありますが、上手かどうかと言われると(^^;)歌った曲はエルビス・プレスリーさんの「監獄ロック」(S32=1957)。ノリでどうにかなった感じ(^^;)ドラマの中では芥川よりも上手だったという評価でした。
記憶喪失なのに突然ギターを弾きながら歌った太郎。
昔歌手だったのかな???

(太郎が拾われたのが10年前。その頃の記憶が蘇ったとしたら、その頃まだ発売されてなかった「監獄ロック」知ってるはずないんだって。それを知ってる太郎は何者?!っていう疑惑が!)

八百長で買ったけどみんなの評価が太郎より低かった芥川に、クロワッサンの松は、プロデビューしたかったら太郎を殺せと命じる。
芥川が圧倒的勝利だったら土佐清水が手に入ったのかな??これがよく分からないんですよね・・・。
のど自慢大会から1ヶ月何事もなく過ぎる。芥川はどこへ?
鈴の姉の泉が夫の晋吉と出産のために東京から帰省する。
この夫の晋吉、ちょっと変わってて鈴一家は引きまくり(^^;)
美人のお姉ちゃんがなんでこんな人と?!って感じ。
そして太郎の寝巻きを着ていた晋吉が太郎と間違われて刺される。大げさに痛がってたけどかすり傷。
やっと数日後、メリーの店に勝男と向かってる途中太郎が芥川にナイフで襲われる。
芥川は1ヶ月も太郎の周辺で太郎を襲おうとウロウロしてたみたいですね(笑)
山之内一家では1ヶ月も音沙汰ない芥川にやきもきしてました。
ここで、太郎にそんなことでプロデビューしても親は喜ばないぞ、ここで死んだと思ってやり直せと言われ、芥川は改心したっぽい。
この後芥川が山之内一家から逃げたため、ゲルマンが拉致される。
次週はついにクロワッサンの松と太郎の対決かな?
ちなみにクロワッサンの松の名前の由来は、フランスかぶれだからだそうです。クロワッサンを知らない太郎達は、晋吉の情報“フランスのパンでウ○コの形をしている”という話に食いついてました(笑)


題名とCMで流れる予告の映像だけだとどんな話なのか想像できなかったけど、ドラマが始まってやっと分かりました。
話のメインは昔の話が中心になるんですね。
太郎は何者なのかという謎解きの部分もあるし、旭の母親とオリオン座の関係とか徐々に分かって行くのかな。
題名が歌姫ですが、鈴が歌姫って感じでもなかったし、誰のことなんだろ。
色々と謎が多い話ですが、こういうのってちょっとワクワクするので楽しみです☆
舞台が原作と知って、出演者達の話し方とか動きとか間とかがなんだか舞台っぽいなと(^^;)そこがちょっと気になったかも。
鈴は昔から太郎が好きみたいだけど、太郎はどう思ってるのかちょっと謎。
好きなのか妹としてみてるだけなのか。

満足度:3.5/5
12:10  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/31-09e3e224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。