03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.18 (Sun)  【映画】

(映画)ハリー・ポッターと炎のゴブレット

◇2005年 ★★★★

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー達。
ホグワーツ校、ボーバトン校、ダームストラング校で、“三大魔法学校対抗試合”が行われることになった。
各学校から1名代表者が選ばれ、3つの競技を戦う。
年齢制限が設けられていたのに、炎のゴブレットはハリーの名前を告げる・・・・・。
3校の代表+ハリーの4名で戦うことに。
学校対抗戦なのに、ホグワーツだけ2名が参加している時点で有利になってるんじゃ?!
炎のゴブレットが選んだ選手が試合に参加するという魔法契約だったみたいだけど、そもそもその魔法を解いてハリーの名前を入れた人がいるんだから、契約は無効なのではと思うんですが(-。-;)

本ではもう少しじっくり描かれている試合模様が大幅カット!
映画だけでは物足りなく感じるかも・・・・・。
所々要点を押さえ様とはしていますが、めちゃくちゃ駆け足(^^;)

生徒の一人が死んでしまうのですが、その死は必要だったのかな??
いい生徒だったから尚更なぜ~と思ってしまう。

両親との再会シーンも一瞬しか描かれなかったしねぇ。

それに、学校に何度も何度も、敵の刺客が入り込んで来る事自体問題なのでは?!
ハリーの名前が入っていた時点で、何らかの策を打つべきだったんじゃないかなぁ。
そのせいで、ヴォルデモートが甦っちゃったじゃない( ̄□ ̄;)

長くなってしまうけど、前編と後編に分けてもう少しじっくりやった方がいいんじゃないかなぁと思うんですが(^^;)

出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、トム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)、スターニスラフ・イワネフスキー(ビクトール・クラム)、ケイティ・ルング(チョウ・チャン)、マシュー・ルイス(ネビル・ロングボトム)、ロバート・パティンソン(セドリック・ディゴリー)、クレマンス・ポエジー(フラー・デラクール)、ロビー・コルトレーン(ルビウス・ハグリッド)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)、マイケル・ガンボン(アルバス・ダンブルドア)、ブレンダン・グリーソン(マッドアイ・ムーディ)、ジェイソン・アイザックス(ルシウス・マルフォイ)、ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ先生)、マギー・スミス(ミネルバ・マクゴナガル先生)、ティモシー・スポール(ピーター・ペティグリュー/ワームテール)、プレドラグ・ビエラク(イゴール・カルカロフ)、フランシス・デ・ラ・トゥーア(マダム・マクシーム)、 ロジャー・ロイド=パック(バーティ・クラウチ)、ミランダ・リチャードソン(リータ・スキーター)、デヴィッド・テナント(バーティ・クラウチJr.)、マーク・ウィリアムズ(アーサー・ウィーズリー)、他
ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-11-19
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
静山社
発売日:2002-10-23
Amazy
21:01  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/370-5156ab0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。