04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.22 (Thu)  【2009年ドラマ】

(09冬)神の雫(2話)

◇2話「第一の使徒登場!」 09/1/20 ★★★★

第一の使徒

「私は森の中を彷徨っている。
木々から生命の香りが漂う中、私は森にあるはずのない花や赤い果実の香りに気付き、はやる心を抑えながら歩みを早める。
すると森が開けたその奥に深い霧に包まれる泉があった。
泉の対岸に美しい光景があるのを感じたが、霧が邪魔をして先へ行けない。
辺りを見回すと桟橋らしきものがあり泉を渡る。
途中風が甘い花と野生の赤い果実の香りを陸に届け、次の瞬間対岸の光景が私の目に飛び込んだ。
おお、見よ。泉の向こうで絡み合う二匹の蝶。
私はその奇跡のように美しい光景をしばし魅入っていた。」

ビデオを巻き戻してメモしてみました。
次回からはやらないと思う・・・・。

雫の答え
ジョルジュ・ルーミエ レ・ザムルーズ(01)

一青の答え
ジョルジュ・ルーミエ レ・ザムルーズ(02)

一青の選んだワインは、ビンテージのワイン。
雫の選んだワインは、非常に厳しい時期に作られたワインでした。
「桟橋=人の手」に気付いた雫の勝利となりました。

【More・・・】

土を食べてワインを探した一青。
ワインを飲んだ方が早い気がするんですが。
ビンテージのワインだと思い込んでいた一青は油断しましたね。
その後、マキが02年のワインを買占めて雫が買えないように妨害・・・・。ひどい・・・・。
正解だと思うワインを持っていかないとダメなんですね(^^;)
買うお金がなかったらどうするんでしょうか?!(-_-;)

今回も、雫の閃きはすごいです。
ワインの勉強、してないのに。
期限が一週間もあったら、詳しい人に聞いちゃえば分かっちゃうのでは??
自分ひとりの力で探し当てなくてもいいんですね(^^;)

みやびとワインバーへ。ソムリエの藤枝さんと、「太陽ビール」のイメージモデルを務めるセーラにヒントを貰い、産地を特定。
セーラは一青の知り合いみたいですが、なんで今回ヒントをくれたんだろ~?

偶然見つけた個展で、豊多香の遺言状のイメージにそっくりな絵を見つけた。
絵の作者・水澤カオリ(加藤あい)に話を聞くと、記憶喪失で、ある一本のワインのことしか覚えていないと言う。
そのワインのイメージで描いた絵だが、名前は覚えていないと言う。
・・・・・・、なんて都合のいい偶然(汗)
カオリさんに、そのワインを探して欲しいと頼まれる。

再びワインバーへ。
そこで、「恋人達」というワインを飲んで、雫は確信!
「絡み合う二匹の蝶=恋人達」だったんですね。

昔の記憶を思い出すのは怖いけど、思い出したいと言っていたカオリさん。
記憶のワインが「恋人達」ということから婚約者との思い出のワインっぽいけど・・・・。
ためらいながら、カオリさんのところへ持っていく。
ワインを飲んだカオリさんは、実は記憶が戻っていて、不倫の末自殺未遂をして自分だけ助かったのだと告白。
思い出のワインで合っていますというカオリさん。
カオリさんと話している時、雫はあることに気が付いた。
カオリさんの絵には「桟橋」がないのだ・・・・。
第一の使徒ではないのだろうか??

そして、ロベールのところで、葡萄の収穫時期によって味が変わることを知り、答えに辿りついた訳です。
「桟橋」が人の手のことで、ビンテージのワインではなかったと。

雫の決めゼリフ「目覚めよ、バッカス!」は毎回言うんですね(笑)
答えのワインを持っていったらそれを飲んで感想も言うらしい。
・・・・言わないといけないの??(^_^;)

遺言状の答え

「ジョルジュ・ルーミエ作
ブルゴーニュ地方
シャンポール・ミュジニー村プルミュエクル
レ・ザムルーズ01年
天地人全てが一つに調和される中で生み出せるワインは単なる酒ではなく、一編の名作であり一枚の絵画である。
いかなる名作名画にも完全無欠なものなど存在しない。
ワインも然り。ワインという飲み物は不完全でそれゆえ欠点を補ってあまりある魅力に溢れている。
第一の使徒には葡萄作りに苦しんでも尚それを乗り越えようとする人間の姿がある。」

父親が選んだワインがビンテージではなかったことが意外だったと言う雫。
辛い記憶を乗り越えることができた香さん。
雫は、1話の最後にこれだけは飲めないと言っていたワイン「シャトー・ムートン・ロートシルト(85)」を飲む決意をしました。
1度だけ飲んだワインがシャトー・ムートン・ロートシルト(85)で、その時の嫌な思い出があるらしい。
というところで、次回へ続く!

神の雫(日テレ)火10:00-11:00 09/1/13スタート HP
幻のワイン“神の雫”を巡り、繰り広げられる男と男のカレイなる対決!
◆出演:神咲雫…亀梨和也、神咲豊多香(ワイン評論家)…古谷一行、遠峰一青(ワイン評論家)…田辺誠一、紫野原みやび(ワインソムリエ見習い)…仲里依紗、土肥ロベール…竹中直人、西園寺マキ(西園寺コーポレーション・SAIONトレーディング社長)…内田有紀、霧生涼子…戸田菜穂、阿原毛茂…升毅、本間長介…田口浩正、セーラ…佐々木希、木戸竜介…平方元基、皆本さおり…萩美香、藤枝史郎…辰巳琢郎、他
◆脚本:渡辺雄介 ◆音楽:福島佑子、中島靖雄 ◆演出:渡辺雄介 ◆CP:中島悟、石尾純 ◆P:桑原丈弥、秋元孝之
◆原作:(作)亜樹直(画)オキモト・シュウ「神の雫」(講談社/モーニングKC 1巻~19巻) 発売日:2005-03-23
◆主題歌:KAT‐TUN「ONE DROP」 発売日:2009-02-25
◆サントラ:「神の雫」オリジナル・サウンドトラック 発売日:2009-02-11
神の雫 (1) (モーニングKC (1422))神の雫 13 (13) (モーニングKC)神の雫 14 (14) (モーニングKC)神の雫 15 (15) (モーニングKC)神の雫 16 (16) (モーニングKC)神の雫 17 (17) (モーニングKC)神の雫 18 (18) (モーニングKC)神の雫 19 (19) (モーニングKC)

タグ : 神の雫

12:41  |  2009年ドラマ  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/374-d997997d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

神の雫 第2話:第一の使徒登場!

しずくんの勝ち~ヾ(〃^◇^)ノわぁい♪ 一青さんは、土まで食って頑張ったのに残念でした~{/m_0248/} 例によって、ワインの種類や作られた年代等は、さっぱりわからないガリレオ状態ですが、 この「第一の使徒」を通して神咲豊多香が伝えたかったのは、 例え欠点があろ
2009/01/22(木) 14:48:08 | あるがまま・・・

神の雫 第ニ話「第一の使徒登場!」

雫(亀梨和也)と一青(田辺誠一)の前で、第一の遺言の封筒が、霧生(戸田菜穂)の手によって開封された。その内容を聞いて、一青は産地までは特定できたと余裕の笑みをみせて立ち去った。雫は、これは父からの挑戦状だといい、「第一の使徒」手紙を預からせてもらう。みやび...
2009/01/22(木) 19:34:30 | 掃き溜め日記~てれびな日々~

神の雫 第2回 感想

『第一の使徒登場!』
2009/01/22(木) 21:06:53 | ぐ~たらにっき

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。