05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.28 (Wed)  【2009年ドラマ】

(09冬)神の雫(3話)

◇3話「父が教えた団欒の味」 09/1/27

第二の使途

「そのワインで私は団欒を懐かしむ。
ある冬の日、草むらで友達と遊び回っていると、夕焼けが辺りを真っ赤に染め、どこからともなく夕食の香りがした。
空き地の草の匂いと上等なハーブやスパイスが鼻をくすぐり、私は家路を急ぐ。
だが途中道に迷ってしまった。
泣き出しそうになる私に、優しげな男性が声をかけ手を差し伸ばし、一粒のお菓子をくれた。
ほっとするような甘さ、考えられないほどの芳醇さ。
私はその男性に手を引かれ、気がつくと家の前にいた。
中から団欒の声が聞こえ、私はぬくもりを求めて木の扉を開けた。」

あの父親が「団欒」という言葉を使ったことが意外な雫。
そして、ほっとするようなワインと言えば、「ノンブランド」のワインと推測する。

セーラの方が雫の力になれると落ち込むみやびは仕事中にミスをしてクビに。
そんな時、幼馴染の高杉新一(松田悟志)と再開する。

高杉は、インターネット上で高級ブランドワインを破格の値段で売るオンラインショップ、「ハイライフネット」の経営者として大成功していた。
太陽ビール・ワイン事業部はその影響で、業績不振に陥っていたのだった。

ワインバー 「モノ・ボール」で雫がワインを飲んでいると、みやびが高杉を連れてやって来た。
神咲豊多香というブランドを持って生まれた雫に何かと突っかかる高杉。

ブランドが何より大事だと言う高杉に、ノンブランドでもおいしいワインがあると言う雫。
その帰り道、みやびからもうワインを飲みたくない。ワインに自分はふさわしくないからソムリエを諦めて高杉の秘書になると言われる。
多くの人にワインを楽しんでもらいたいと言っていたみやびだったが・・・・。

【More・・・】

翌日ワイン事業部で、五大シャトーよりおいしい3,000円以下のノンブランドワインを探すことができたら業務提携すると高杉と約束してきたというという雫。

五大シャトーとは・・・
シャトー・マルゴー
シャトー・ラトゥール
シャトー・オー・ブリオン
シャトー・ムートン・ロートシルト
シャトー・ラフィット・ロートシルト

河原毛部長が、2000年代の赤ワインのテイスティングイベントの話を持ってきた。
それは後片付けをする名目で、無料でワインを飲めるものだった。
その中のあるワインに、イメージに近い感じを受けた雫。

高杉の前に3種類のワインを用意した。
うち2本はノンブランドワイン。
「一番おいしかったワインを言って下さい。」
高杉の選んだワインは、雫が選んだノンブランドワインでした。
雫は、高杉がみやびといるとほっとすると感じると言っていたと聞いて、高杉の求めているワインは高いブランドワインの味ではなく、「ほっとする」と感じるワインなのではと思ったのでした。
そして・・・・、最近ワインを飲むのが楽しい、それはいつも一緒に飲んでくれた人がいたからだと。

その後、みやびは高杉に秘書を辞退したいと申し出たのでした。
実家のとうふ屋は30年間ずっと変わらず味を守ってきた。
それはある意味“ブランド”なんだと気付いたという高杉の話を聞いて何か気付いたみやび・・・・。
その頃雫はあのワインを持って屋敷に到着していて・・・・。

一方、一青はロベールに自分に足りないものは何かを聞きに行って。
自分に足りないのは「乾き」だと気付きました。
そしてワインを飲むことを絶った一青は、コルクのにおいだけで第二の使徒を探し出したのです。
グラスを割った手を舐めてましたが舌に傷は付かなかったのでしょうか・・・(^^;)
大事な商売道具ではないの??(-_-;)

決戦当日

雫の選んだワイン
ユッセリオ コート・デュ・ローヌ(’07)

一青の選んだワイン
ドメーヌ・ベゴー キュベ・ダ・カポ(’00)

正解は、一青の選んだワインでした。
雫の選んだノンブランドのワインでは安心感が得られなかった。
ブランドワインを最初から外して考えていたのが雫の敗因でした・・・・。
お菓子をくれた男性は「老人」で「古い木から作られたワイン」のことを指していたのです。
ブランドが持つ伝統が安心感を生み出すそうで。
ブランドは一日にしてならず。ブランドにこそ真の価値があると高らかに言う一青。

ところで、フランス料理店をクビになったみやびですが、なんと太陽ビールのワイン事業部の契約スタッフになったそうで!
なんで?!
そんなこと勝手に決められるの??
その方が話を進めやすいからかな(汗)

雫が父親を許せない理由は、お母さんが亡くなった日に「ほのか」という女性とワイン飲んでいたから。
日誌にその記述を見つけ父親に聞くとその通りの意味だと言われ・・・・・。
でも、ほのかって女の人の名前じゃないんじゃないかと思うんですが(^^;)

神の雫(日テレ)火10:00-11:00 09/1/13スタート HP
幻のワイン“神の雫”を巡り、繰り広げられる男と男のカレイなる対決!
◆出演:神咲雫…亀梨和也、神咲豊多香(ワイン評論家)…古谷一行、遠峰一青(ワイン評論家)…田辺誠一、紫野原みやび(ワインソムリエ見習い)…仲里依紗、土肥ロベール…竹中直人、西園寺マキ(西園寺コーポレーション・SAIONトレーディング社長)…内田有紀、霧生涼子…戸田菜穂、阿原毛茂…升毅、本間長介…田口浩正、セーラ…佐々木希、木戸竜介…平方元基、皆本さおり…萩美香、藤枝史郎…辰巳琢郎、他
◆脚本:渡辺雄介 ◆音楽:福島佑子、中島靖雄 ◆演出:渡辺雄介 ◆CP:中島悟、石尾純 ◆P:桑原丈弥、秋元孝之
◆原作:(作)亜樹直(画)オキモト・シュウ「神の雫」(講談社/モーニングKC 1巻~19巻) 発売日:2005-03-23
◆主題歌:KAT‐TUN「ONE DROP」 発売日:2009-02-25
◆サントラ:「神の雫」オリジナル・サウンドトラック 発売日:2009-02-11
神の雫 (1) (モーニングKC (1422))神の雫 13 (13) (モーニングKC)神の雫 14 (14) (モーニングKC)神の雫 15 (15) (モーニングKC)神の雫 16 (16) (モーニングKC)神の雫 17 (17) (モーニングKC)神の雫 18 (18) (モーニングKC)神の雫 19 (19) (モーニングKC)

タグ : 神の雫

20:42  |  2009年ドラマ  |  TB(3)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/379-440d4070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

神の雫 第3回 感想

『父が教えた団欒の味』
2009/01/29(木) 19:44:42 | ぐ~たらにっき

神の雫 第三話「父が教えた団欒の味」

雫(亀梨和也)は、前に一度だけ飲んだことのあるシャトー・ムートン・ロートシルト(85\')に口をつけた「見たんだ、20歳の誕生日の時に親父の裏切り。あの人は俺と母さんにずっと嘘をついてたんだ」そして、「第二の使徒」をめぐる対決が始まる。『そのワインで私は団
2009/01/29(木) 20:19:04 | 掃き溜め日記~てれびな日々~

神の雫 第3話:父が教えた団欒の味

負けた~_| ̄|○ ガクーリ 紫野原さん、気付くのがちょっと遅かったなり~{/ase/} 一青の渇望大作戦は、コルクの匂いと空のグラスで飲んだつもり~{/face_nika/} あれでわかっちゃうのが、さすが一青の実力と経験がなせるワザ{/eq_1/} てか、ワインを一口クチに含んだだ...
2009/01/29(木) 21:38:34 | あるがまま・・・

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。