05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.11 (Sun)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)ジャッジ(3話、4話、最終話)

ジャッジ~島の裁判官奮闘記(全5回)(NHK)土9:00-10:00 07/10/27(3話)07/11/3(4話)07/11/10(5話) HP
出演:西島秀俊【三沢恭介(36)・裁判官】、戸田菜穂【三沢麗子(33)・妻】、桝岡明【三沢麻衣子(8)・娘】、小野武彦【野見山修(56)・主任書記官、庶務課長】、的場浩司【谷川淳一(36)・家裁調査官】、市川実和子【鈴元久美子(28)・書記官】、寺田農【平正明(68)・弁護士】、浅野温子【畑夏海(43)・弁護士】、他
脚本:中園健司
演出:本木一博、桜井賢、大原拓
制作統括:古川法一郎
音楽:羽毛田丈史
主題歌
種をまく日々
路の途中
中孝介
2007/11/14

3話:「告白」
4話:「命」
5話:「島人」

最終回がすごく良かったです。
4話の業務上過失致死傷の交通事故の裁判もそうだけど、判決がすごく納得できる終わり方だったんです。
5話は、大美島にリゾートを建設する計画をめぐって、リゾート建設会社と島の人の裁判の話でした。
原告の新元みづき(遠藤久美子)の弁護士は平正明(寺田農)でなんとも頼りがなくて、恭介は地下水への影響を調べるように原告と被告に提案します。
それで地下水への影響が見つかって、リゾート会社が和解に応じる姿勢を見せることになりした。
畑夏海(浅野温子)が被告の弁護士についていて、調査結果を隠蔽しようとするリゾート会社にそれでは会社としていつか損をすることになると説得してくれるんです。

恭介が出した和解案というのが、すごい納得できる内容で、自然への配慮もできてるし、会社としても集客力のあるテーマをきちんと提示したし、見ている側がこうなったらいいなっていうのをすごく表現できてるドラマだったんです。

リゾート建設をここで止められたとしても、その土地を買った会社がもっと環境へ配慮しない会社だったら?とか、そう言われるとそうだなぁと思ったり。

最後のところで恭介が島の言葉を覚えようとしているところとかも、人間としての姿勢が好きだなぁって。
畑先生が大美島に残ることを決めたっていうのも良かったなぁって思うし。
あと、1話で実刑になってた人が仮釈放されて恭介に実刑になったけど、色々考えられて良かったって言ってくれたのも良かったし。
借金問題で争ってたおじいさんとおばあさんの裁判も解決したし(笑)
最後にこれだけ納得できるドラマもめずらしいかも!

満足度:5/5
17:42  |  2007年ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/44-91b01d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。