10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)  【映画】

アマルフィ 女神の報酬(映画)

■2009年7月18日公開 ★★★★

『アマルフィ 女神の報酬』見てきました~~~~ヾ(≧∇≦)〃
織田さん、カッコイイーーーーーー!!!

1日だったのと、土曜なのと、夏休みなのが相まって、映画館は劇混みですごい人でした~。
チケット売り場やグッツ売り場は長蛇の列!
アマルフィを見る人は、大人ばかりでしたけどね~。

アマルフィのパンフを購入。
ストラップも買いたかったのですが売ってなかった(ノ_・、)
公式サイトでも売ってるみたいだけど、来週別の映画館にも行ってみようと思います。
そんな反動もあり、本日公開の映画『ボルト』のストラップを買ってきてしまいました~。
ボルト、かわい~~~!

気になる内容ですが、完全に大人向けの渋めなお話です。
コメディ要素は一切なく、暗めなサスペンス。

イタリアに観光に来ていた、矢上沙江子(天海祐希)は娘のまどか(大森絢音)が行方不明になります。
大使館より、事情を聞きに来たのが、外交官の黒田康作(織田裕二)と研修生の安達香苗(戸田恵梨香)。
しばらくすると、犯人から電話があります。
まどかちゃんは誘拐されたのでした。

黒田さんは、無口で無表情で感情を表に出さないタイプ。
ちょっと司馬先生っぽい気もするけど、司馬先生よりやさしくて紳士かも。

織田さんと佐藤浩市さんと言えば『ホワイトアウト』だけど、原作者がホワイトアウトの人なんですね。
そう言えば、雰囲気も似てるかも・・・・。

外交官って良い所に住んで、良い車に乗ってって暮らしらしい。
無駄なお金が使われてる気が・・・・。

公式サイト
■出演 : 織田裕二(黒田康作)/天海祐希(矢上紗江子)/戸田恵梨香(安達香苗)/佐藤浩市(藤井昌樹)/大塚寧々(羽場良美)/伊藤淳史(谷木幹安)/小野寺昭(菊原清文)/平田満(川越亘)/佐野史郎(西野道生)/大森絢音(矢上まどか)/中井貴一(片岡博嗣)/サラ・ブライトマン(本人)/福山雅治(佐伯章悟)/他
■原作 : 真保裕一 「アマルフィ」 発売日:2009-04-28
■サントラ : 「アマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラック」 発売日:2009-07-15
■主題歌 : サラ・ブライトマン 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」 発売日:2009-07-08
アマルフィアマルフィ 女神の報酬 オリジナル・サウンドトラックアマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]



~以下ネタバレ感想~

【More・・・】

少しだけ不満点。

別の場面に移る時、いきなりぶちっと切るのが気になった。
もう少しさりげない方がいいんじゃないかなぁ~。

それから黒田さん。
本来の目的よりも誘拐事件を優先させているところに違和感。
そのために各地へ派遣されてるんじゃないの~~??
最初は誘拐事件に嫌々関わっていたんですよ。
それがそのうち紗江子を心配して協力する感じに変わっていくんですが・・・。
私的には、最初から誘拐事件が別の目的と関係があるんじゃないかと分かった上で、捜査に協力するという形を取った方が良かったのではないかと思うのですよ。
それに、大使館の方はずっと放置。
何のためにイタリアに来たんじゃーーーーと思ってしまいました。
もっと大使館にも顔を出して、事件と繋がってるところを見せて欲しかったなぁ・・・・。

あとは個人的な好みですが、暗かった・・・・・。
テンポも少し遅めな気がしました。
悪くはないのですが、超おもしろかった~とおすすめできるほどは、おもしろくなかったかも??
でも、好きな人は好きな感じかもしれません。
21:49  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/521-3106c8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。