04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.11 (Mon)  【映画】

モンスターズ・インク

■2001年 ★★★

人間の住む世界とは別にモンスターが住む世界があった。
モンスターの世界では、人間の子供の悲鳴がエネルギーになっていたのでした(笑)
モンスターズ社は、子供の悲鳴を集めてエネルギーを供給している会社です。
サリーとマイクはそんな会社の社員でした。

モンスターズ社には、人間の子供の部屋とつながるドアが無数にあって、夜な夜なそのドアを開けて子供を脅かしてその悲鳴が集めているのです。
サリーは、脅かす役目で、モンスターズ社のエースです。
マイクは、サリーのアシスタントをしています。

最初の方は、内容がイマイチ分からず、どんな展開になるのかなぁ~と思って見ていたところ、ある日、サリーが人間の女の子を会社の中で見つけてしまうのです。
モンスター達は、子供や、子供の持ち物に触れると、死んでしまう(?)らしく、消毒作業や毛までバリカンで刈られて大変なことになるらしい(汗)
そんな危険な人間の子供が社内に・・・・!!
大慌てでその子供を捕まえるサリー。
会社に見つかったら大変です。
密かにその子供の元いた部屋に帰そうとするのですが、どうやら二番手のランドールが関わっているらしい・・・?!
人間の女の子をばい菌のように怖がっていたサリーですが、そのうち情がわいてしまって、“ブー”という名前をつけて可愛がるように(笑)

実は、脅かして悲鳴をあげさせるのでは効率が悪いと考えた、モンスターズ社の社長は、ランドールと手を組んで、子供の悲鳴を吸収する装置を密かに作っていたのでした。
サリーの見つけた子供は、その実験台になるところだったのです。

そんな訳で、悪者達を退治して、ブーを元いた世界に返して、子供の悲鳴ではなく笑い声を集める会社に生まれ変わったのです。
どうやら、子供の笑い声は、悲鳴の10分の1で済むらしく、効率がUP!
そして脅かし役だったサリーがアシスタントになって、マイクが笑わす役目になっていました。
笑わす仕事に代わったモンスター達は、楽しそうに、仕事をしているのでした♪

最後のところの、悲鳴より笑い声の方が少ないエネルギーで済むところとかナイスアイデアですよね~。
モンスターが、人間の子供の悲鳴で生活しているっていう発想もおもしろい(笑)
ただ、少しだけ、モンスターが気持ち悪かったんですよ・・・・・・・・。
サリーは毛むくじゃらで見ようによってはかわいいんですが、他のモンスター達がちょっと(^-^;

モンスターズ・インク [DVD]
15:48  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/588-d1129d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。