07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.22 (Sat)  【2007年ドラマ】

(連ドラ)医龍2(9話、10話、最終話)

医龍2Team Medical Dragon(フジ)木10:00-11:00 07/12/6(9話)07/12/13(10話)07/12/20(最終話) HP
出演:坂口憲二【朝田龍太郎】、内田有紀【片岡一美】、小池徹平【伊集院登】、北村一輝【霧島軍司】、阿部サダヲ【荒瀬門次】、水川あさみ【里原ミキ】、池田鉄洋【木原毅彦】、佐々木蔵之介【藤吉圭介】、夏木マリ【鬼頭笙子】、岸部一徳【野口賢雄】、他
原作:乃木坂太郎、(原案)永井明、(医療監修)吉沼美恵『医龍~Team Medical Dragon~』(小学館刊 「ビッグコミックスペリオール」)
脚本:林宏司 (『離婚弁護士』『離婚弁護士Ⅱ』『医龍(1)』『ハゲタカ』)
演出:水田成英(『ビギナー』『愛し君へ』『救命病棟24時』『医龍(1)』『遥かなる約束』)、葉山浩樹(『離婚弁護士Ⅱ』『大奥~華の乱~』『トップキャスター』『わたしたちの教科書』『山おんな壁おんな』)
音楽:澤野弘之、河野伸
プロデュース:長部聡介(『離婚弁護士』『離婚弁護士Ⅱ』『医龍(1)』『遥かなる約束』『星ひとつの夜』)、三竿玲子(『プロポーズ大作戦』『放課後。』)
主題歌:AI 「ONE」 2007-11-07
サントラ:「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック 2007-11-28
DVD:医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX 2008-04-16
~おさらい~
医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX
原作
医龍Team Medical Dragon (1) ビッグコミックス―BIG COMIC SUPERIOR
「医龍(1)」
(ビッグコミックス)
永井明
2002/09/30

9話:「余命2ヶ月!!奇跡の手術」

野口が狭心症で倒れた。
サイトビジットが数日後に迫ってる。
またいつ発作が起きるか心配の野口は、この状態ではサイトビジットには望めないと、手術をしてもらうことにします。
でも鬼頭先生にしてもらうと、自分の弱みを握られ自分の椅子を取られると思い、善田院長に頼みに行きます。
朝田先生に手術をしてもらいたいと。

・・・・・・(-。-;)

朝田先生なら断る訳ないですよね。
当然手術は成功。
今回の手術にはあまり見せ場はなく、すんなり終了。
手術後2日後くらいにサイトビジットがあったんだけど、もう普通に回復して元気になってました。
心臓の手術をしてそんなに早くに退院できるものなの?!(^^;)

片岡は、手術を許可する代わりに自分の会社から融資を受ける約束を交わさせるんだけど、それがなぜか口約束だったんですよ。
プロなら普通は書面で交わしてるでしょう・・・・・・(^^;;;
元気になった野口は見事に片岡を裏切り別の外資と契約を済ませちゃいました。


10話:「総力戦!!運命の心臓移植」
最終話:「運命の4時間!!最後の手術」

片岡とした約束のうち雄太君を明真で朝田先生のチームでオペをすることはどうやら実現しそうです。
野口は手術をするまで雄太君がもたないだろうって思ってるから病院を移るのだけは許したみたいに言ってたけど。

朝田先生が2話の最後に、「自分には時間がない、早くチームを完成させたい」って言ってたのは雄太君の手術をしたかったからだったんですね~。
てっきり朝田先生が病気なのかと思っちゃいましたよ。
それで振り返れば奴がいる風に霧島先生が朝田先生の手術をするとかね。

荒瀬がいるのに、もう一人麻酔医の小高先生が出てきたり、消化器系の松平先生がいたり、ガーゼオーマの時に外山先生の剥離の技術が高いっていうシーンがあったのも、全部最後のこの手術のシーンのために考えられた設定だった訳ですよね。
今回のはすごく練られた脚本だなぁ~~~~って思います☆

心臓移植実施施設に明真が認定され、第一号の患者さんの手術が決まります。
ドナー待ちの順位も上の方でさっそくドナーが見つかり、伊集院君が新潟まで取りに行くことに。

雄太君は子供だし順位も低いんだって。
心臓の具合も悪いけど、肝硬変を発症していて、お母さんから生体肝移植をすることになります。
松平先生は生体肝移植のプロだからねここで出番ですよ。
雄太君の手術と心臓移植第一号の患者の山野さんの手術は同じ日で、共に準備を始めます。

しかし準備の段階で山野さんに心臓移植が無理なことが発覚。
センターに電話して中止を伝えます。
そうなると移植希望者で第二位にいる人へ心臓が渡ることになるんだけど、今現在で一番近くにいるのが同じ病院にいる雄太君で、心臓を取り出してから4時間が限界だから4時間以内の場所にいる患者が雄太君しかいなかった。
それで雄太君に順番がまわってきました。

しかし、雄太君は生体肝移植手術の真っ最中。
心臓移植は他の臓器が健康でないとできない規則があるらしです。
今の状態だと雄太君は心臓移植が受けられないことになるんですが・・・・・。

医師法に違反してるから、医師免許が剥奪されるかもしれないけど、朝田先生は心臓移植と生体肝移植を同時に行うことを決めます。
チームのメンバーも賛成。
でもさ、もし医師免許が剥奪されるとしたら、チーム全員が同罪になるんじゃないのかな。
他のみんなもその覚悟があったのかな???

そしていざメスを入れてみると、心臓に癒着があって、全部剥離しないと心臓移植ができない状態でした。
朝田先生と外山先生で剥離を開始。
タイムリミットまであと3時間25分です。

でもまだ心臓を受け取った伊集院君は山の中で立ち往生中。
片岡の機転でヘリが迎えに来て病院に到着することができます。

心臓は到着したけど、
タイムリミットまであと1時間10分。
剥離は終わっていませんが朝田先生は癒着終了を宣言。
癒着が終わってないのに、どうするの???
外山先生も他のメンバーもどうするのか心配する。
この時説明してあげても良かったんじゃないかな朝田先生・・・・・・。

通常はもとにある心臓を取り出して新しい心臓に入れ替えるんだけど、今回はもとの心臓は残しておんぶさせる格好で移植するんだって。
癒着剥離が終わってないから心臓を取り出せないけど、この方法だと移植ができるんだそうです。
でもさこれって、このあとの人生ずっと二つ心臓があるまま過ごすのかな?!
しかも、子供の体だし移植するのは大人の心臓でただでさえ大きいのに・・・・。

とにかく手術は成功します。

霧島先生が明真に来てました。
何をしに来たかと言うと、人工心臓を朝田先生に届けに来てたんだって。
もしドナーが現れなかったら人工心臓で手術するつもりだったんだね。
で、今回は雄太君がドナーの心臓を移植することになったから、山野さんの方へ移植したんだって。
山野さんがどうしてドナーの心臓を移植できなかったのかよく分からなかったけど、人工心臓の移植ができて良かったです。
人工心臓の移植は日本では保険適用外でお金がすごくかかるから、お金持ちの山野さんに移植できて良かったとのことでした。

霧島先生の手術シーンがあったらもっと良かったよねぇ~。

ところで、医師免許剥奪の件はどうなったんだろ・・・・・?!
野口にばれたら絶対に止められるって、手術を行ってることを知られないようにしてたのね。
でも、途中でばれちゃう訳です。
そしたら片岡に“成功すれば日本で初の心肝同時移植”だと言われてすんなり納得しちゃうんですよ。
しかも成功の知らせを聞いて公の場で発表しようとしてた。
・・・・・・・・、医師免許剥奪の件はどうなったのさ・・・・・?!
肝臓移植が完了した後に心臓移植に入ったから同時ではなかったとか、ばれる前に医師法を変えてOKにしたとか抜け道を利用するのかと思ったら、この話に触れずに終わっちゃったよぉ・・・・・・(>O<)
この点だけが気になったなぁ・・・・・・・・。

チームドラゴンの今後はと言うと、もともと北洋にいた小高先生と松平先生と外山先生は北洋に戻ることにして、その他のメンバーは明真に残るみたい。

で、朝田先生はと言うと・・・・・・・、アメリカへ行ってしまいました。
なんでぇ~~~~~~~~~(>O<)
すばらしいチームだって言ってたじゃん。
手術はチームでするもんだ、すばらしいチームを作りたいって言ってたのに、できた途端抜けてしまうのですか・・・・・。

それで野口はと言うと、数々の悪行を暴露され、片岡病院を乗っ取られ、どうやらアメリカに行ったらしいです。
ダグラスさんを訪ねてアメリカに行ったみたいだけど、ダグラスさんって誰でしたっけ?
アメリカに行ったけど、暴漢にあって結構重症みたいです。
でも、保険に入ってない人間は治療が受けられないって言われてました(^^;)
お金がない人には医療を受ける資格がないみたいなことを言ってましたからねぇ、その報いって感じなのかな。

善田先生の、野口を潰す宣言は、悪行の情報集めをすることだったみたいです。
それを公の場で公表した、って感じですね。

片岡のお父さんはお医者さんで、無医村に行って貧しい人達を助けていたらしい。
でも医者は一人だから昼も夜も働いて心臓の病気に。
倒れた後は、開業の時の借金の取り立てがひどくなって診療所は閉鎖。
移植をしなければ助からない状態になったけど、日本ではドナーが少なく海外で手術を受けるお金もなくて亡くなってしまったそうです。
失意の中お父さんもお母さんもぼろぼろになって行くのを見ていた片岡は当時医者を目指して医学部に通っていたけど、医者にになるのをやめて今のような金儲け主義の投資会社に入ったらしい。
医学部に通っていたから、医療に詳しかったんだなぁ。

最後の手術は大手術でしたね。
毎回毎回よく難題を切り抜けられるよなぁって感心しちゃいます。
また3をやったりするのかなぁ~~~~??
そろそろネタ切れみたいな気がするけどどうなんだろ(^^;)

満足度:5/5
21:52  |  2007年ドラマ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doramaplanet.blog119.fc2.com/tb.php/69-44d08246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

【星ひとつの夜】の情報を最新ブログで検索してみると…

星ひとつの夜 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
2007/12/24(月) 04:56:02 | マッシュアップサーチラボ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。